強首温泉日記 樅峰苑の日々
強首温泉 樅峰苑での出来事などを発信していきます

FC2カウンター



プロフィール

じえモン

Author:じえモン
じえモンです
皆様どうぞよろしく
お願いします



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大正6年竣工の庄屋屋敷

ブログ更新です。
お待たせ致しました。

先ず、始めに今日は3月11日です。今日の3年前日本を震撼させた災害があった日です。

わたくしことジエもんも3年前の今日は福島県にいました。
当時のことを思うと今でも非常に心が痛みます。今でも鮮明に覚えております。
確実に言えることは、もうあのような経験はしたくありません。

この場を借りて震災で命を落とされた方たちのご冥福を謹んでお祈り申し上げます。




さて、今回は樅峰苑(旧小山田家邸宅)をちらっとご紹介したいと思います。
先にこのようなことをやれば良かったのでしょうが、ブログ開設1年目にしてようやくと
いったところですね。

先ずはここ樅峰苑は以前は庄屋という役を任されていた小山田家の「住宅」だったものです。
いまでこそ温泉旅館を営んでおりますが、以前は人が住む住居だったものです。

大正6年竣工外観old[1]


これが大正6年竣工当時の実際の写真のものです。
今から97年前には既に写真を撮るカメラの技術があるってのが驚きです(@_@;)

屋根は当時はこば屋根だったそうです。
こば屋根とは杉の板を何枚も組み合わせて造る屋根だそうで、かやぶきの屋根よりも質も格も良いものだそうです。

また、屋根の上部にある三角形の形をした造りを千鳥破風(ちどりはふ)といいます。
手前の玄関の屋根は丸みを帯びていますが、この形をむくり破風といい、武士の家にはよくある形の屋根です。
秋田県仙北市に角館というところがありますが、そこの武家屋敷通りに行くとむくり破風になっている
屋敷が良くみられます。

この手前の玄関は当時は家族が使用する玄関として機能していたそうです。

少し見にくいですが、奧にもう一つ玄関があり、こちらが来賓専用の表玄関として使ったいた玄関です。
千鳥破風の下には唐破風(からはふ)がついており、より重厚な造りとなっています。

外観

こちらが現在です。屋根は葺き替えてしまいましたが、そのまま同じ造りのまま現在に至ります。
それにしても画像の大きさが違いすぎる…

お次は内部です。
まずは奥の表玄関から入った所の廊下です。

秋田杉 16,3m廊下S00052_03[1]

左側に見える板が玄関です。

この長い廊下。16,3mの長さがあります。
そしてこの廊下の板は天然の秋田杉を使っていますが、実は1枚通しになっており、継ぎ目がありません。
樹齢400年近くの杉の木の板を宮大工がすべて手でカンナをかけて手がけたといわれております。

またこの廊下は、廊下としての機能はありますが、本来は「縁側」として作られています。
上の画像を見ますと、先ず玄関をくぐると土間があります。土間があって縁側に上がる前に一段段差
を設けておりますが、これを「上がり段」といいます。そして縁側があり、障子があるところがお座敷
となっております。

この作りは日本の伝統的建築の1つなんだそうですが、お座敷までに行くプロセスが非常に丁寧に
作られているということです。
他では土間はあっても上がり段がなかったり、玄関の次が縁側だったりと作りはそのくらいが一般的
だそうです。

この廊下は大工さんに言わせると、平らにカンナをかけるのは至難の業だそうです。
今でこそ製材機械があるので苦労はないようですが、当時はそのような機械はまるでなかった
ので全てが手作り手作業であるのです。

この長い廊下を歩いて行くと2回に上がる階段があります。
こちらです。

鹿鳴館階段S00052_05[1]

こちらが2階へ上がる階段です。
一変して洋風なモダンな感じになりましたが、ここも築97年の所です。

材質は欅(けやき)です。

この階段の部分は鹿鳴館(ろくめいかん)を意識して作ったと言われています。
非常にオシャレな空間でもあります。

階段の手すりから下の部分が丸くコロコロしていますが、この細工は轆轤細工(ろくろざいく)と言います。
もちろん全て宮大工さんの手作りの傑作です。

大正時代というのはこのようなルネサンス調の建築技術の高度成長期とも言われる時代で、
ここにもその技術を取り入れられています。

階段天井tenzyo[1]

画像小さいです。すみません(汗)
こちらは階段部の天井です。

こちらも見にくいですが、良く見ると天井が船底のような形になっています。
これを織り上げ天井といい、これは伝統日本建築の1つです。

なのでこの階段の空間は和洋折衷で作っています。


今更ですが、このような屋敷が当時は人が住む住居として建てられているというのが凄いを
通り越して呆れてしまうほどです。

ちなみに全ての建築に使われている材木は自分の持ち山から調達していたと言われています。


今回はここまで。次回は奥座敷の床の間あたりを紹介したいと思います。


最後にありますが、STの佐々木さん。また画像を勝手に使わせていただきました。
いつもご迷惑をおかけしておりますが、何卒ご容赦を!!

またなるべく早く更新致します。

今日は時間がないのでまた次回不定期更新時までごきげんよう(^_^)/~






スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://mominokionsen.blog.fc2.com/tb.php/25-89744671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。