強首温泉日記 樅峰苑の日々
強首温泉 樅峰苑での出来事などを発信していきます

FC2カウンター



プロフィール

じえモン

Author:じえモン
じえモンです
皆様どうぞよろしく
お願いします



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


温泉の種類の紹介

皆様お久しぶりです(^_^)/

このお盆、皆様はどのようにお過ごしでしたでしょうか。

忙しく仕事をされていた方、お盆休みを利用して旅行に行かれた方。はたまたたまの休みで家族サービスを
強要された方、様々だったと思います。

当樅峰苑も多くの方々にお越しいただき忙しくも楽しく過ごさせて頂きました。
地元秋田からお越しいただいたお客様、はるばる遠方からお越し下さった方々、この場を借りて
重ねて御礼申し上げます。



さて、今回はようやくですが温泉について少し触れたいと思います。
温泉と一口で言っても様々な種類の温泉があります。
温泉の種類はその温泉に溶け込んでいる物質によって(またはPH値)大きく分けられています。

私もまだまだ勉強中の身の上ですが、出来ればこのブログを読んで下さる方と
一緒に温泉の知識を身につけていけたらと思います。


少し話しが変わりますが、以前じえモンが新潟の六日町にある温泉宿泊施設で「龍氣」という所に
お邪魔したことがあります。ここの社長さんが実は世界でもトップクラスの漢方薬学の先生
なのですが、その先生が経営されている旅館なんです。(ホントにすごい方なんですよっ!!)
とても気さくな人で、実はじえモン君は生来からの頭痛持ちで相談も兼ねて
先生とも少しだけ話しをさせていただいた際に、温泉に関する資料を頂きました。
その資料から一部抜粋して紹介したいと思います。


始めにですが、温泉を供給している場所(浴室内もしくは脱衣所など)には必ず「温泉分析表」
という物を掲示する義務があります。説明するにあたって例として温泉分析表のがあれば
解りやすいので画像を載せときます(^^)v 




温泉分析表


これを見ても訳解らん人が殆んどだと思います。
暴力的に思考停止させたくなりますよね。
数字の羅列と記号の応酬。ただの紙切れがたまに小宇宙に見える時も…


それでは、先ずは温泉の「泉質」についてです。

泉質は9種類に大別されます。また、そこからイオン名の組み合わせにより細分化されます。
泉質名を挙げていくと…

「単純温泉」 「塩化物泉」 「炭酸水素塩泉」 「硫酸塩泉」 

「二酸化炭素泉」 「含鉄泉」 「硫黄泉」 「酸性泉」 「放射能泉」

樅峰苑の泉質は「塩化物泉」にあてはまります。
ちなみにこの「塩化物泉」は以前は「食塩泉」と言われていたものです。

そして正式な泉質名は陽イオン(プラスイオン)と陰イオン(マイナスイオン)の組み合わせ
によって決まります。(特定のイオン物質が入っていても一定以上でなければ名称はつけられません)

樅峰苑の正式な泉質名は「ナトリウム-塩化物強塩泉」となります。
                   ↑     ↑
           ここが陽イオン  ここが陰イオン

お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、炭酸水素イオンもそこそこ含有していますが、
泉質名には影響してないですよね。

泉質名とは「どの温泉に分類されるか」というだけですので実際には他の物質も含有している
ことは多分にあります。ですので注意が必要です。決して泉質名だけに囚われては成りません。



次に「水素イオン濃度」による分類です。
要するに酸性かアルカリ性かのPHにより分類します。

強酸性泉→PH2未満
酸性泉→PH2~3未満
弱酸性泉→PH3~6未満
中性泉→PH6~7,5未満
弱アルカリ性泉PH7,5~8,5未満
アルカリ性泉PH8,5以上

以上に分類されます。

ウチの温泉はPH7,1なので中性ですね。

9種類に大別される泉質には酸性泉はありますが、アルカリ泉は含まれません。
アルカリ泉は基本的に単純温泉に分類されます。
細かく分類される際に分類されます。(ややこしや~ややこしや)


最後に「泉温」による分類です。
泉温とはつまり、源泉の温度による分類です。

25℃未満→冷鉱泉

25~34℃未満→低温泉

34~42℃未満→温泉

42度以上→高温泉


ウチの温泉のの源泉温度は49℃なので高温泉に分類されます。

ウチはなんとか湯口から供給する温泉の量を調節して風呂の温度管理をしていますので
源泉かけ流しで供給できていますが、源泉温度が60℃以上の温泉施設は殆んどが
加水して薄めています。また低温泉や冷鉱泉は加温しなければ適温に出来ません。

たまに温度の低い温泉を源泉かけ流しでやっている所も見かけますけどね。
要するに源泉かけ流しの水風呂!!
今の時期はそういう温泉の入り方、楽しみ方が出来る時期なので近場にこのような温泉が
あれば是非トライしてみてちょ☆

入ってる時は寒くてガクブルですが、温泉から上がった後がヤヴァイ!!
あれだけ寒かったのに体は芯が非常に温まるってんだからホント不思議!!
やはり温泉侮りがたし…あれは好きな人はハマるね(◎o◎)いや、マジで。くせになるかもょ…

知っているところでは新潟の自在館という旅館と群馬の神水館って旅館ですね。
群馬県、長野県から西に行くほど冷鉱泉が多くなるのが特徴ですね。
東北は高温泉がやはり多い。



今回はこのくらいで終劇です。
そのうち「各泉質の効能」とか「温泉を利用したダイエット法」とか「さまざまな入浴法」
などネタもたくさんありますので分割してお届けします。

一気にやるとなると論文くらい長くなるのでちょっと…


次回も不定期更新!!お楽しみに~~~(^_^)/



スポンサーサイト


コメント

わかりやすいです!
温泉によるダイエットが
気になります!

肩こりが酷いですが
温泉に入ると少し
和らいだような気が
するのは温まったせいも
ありますがお湯の中に溶け込んだ
物質の効果って事ですよね(*´∀`)

すごーい!

次回の記事も楽しみに
してます!
[2013/09/01 12:36] URL | けいにゃん #5Gg6z9h6 [ 編集 ]

けいにゃんさん、コメントありがとうございます(^_^)/

リクエストにお答えしてダイエットの効果が期待できる
温泉入浴法をテーマに次回更新したいと思います。
多分明日くらいには更新する予定です!!

肩こりが温泉の成分によって効くものもありますが、
温泉に入って血流が良くなることによってスッとしたように
感じるのですよ。(*^_^*)

あとは原因としては姿勢が悪い人や猫背の人は
肩、腰、そして頸椎に負荷がかかってしまい、
結果、肩こり、腰痛などに悩まされることがります。

まぁ、女性の場合は体質的なものもあるので一概には
言えませんけどね(^_^;)

コメントであまり長くしてもアレなので
次回更新こうご期待!!


> わかりやすいです!
> 温泉によるダイエットが
> 気になります!
>
> 肩こりが酷いですが
> 温泉に入ると少し
> 和らいだような気が
> するのは温まったせいも
> ありますがお湯の中に溶け込んだ
> 物質の効果って事ですよね(*´∀`)
>
> すごーい!
>
> 次回の記事も楽しみに
> してます!
[2013/09/01 13:45] URL | じえモン #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://mominokionsen.blog.fc2.com/tb.php/11-0261ec1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。