強首温泉日記 樅峰苑の日々
強首温泉 樅峰苑での出来事などを発信していきます

FC2カウンター



プロフィール

じえモン

Author:じえモン
じえモンです
皆様どうぞよろしく
お願いします



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秘湯のバイブル「日本の秘湯」の本

じえモンです。どーもです。

今回は前回に引き続き、秘湯関連です。
タイトル通り、この秘湯の会の温泉旅館を巡るには欠かせない本、「日本の秘湯」があります。
この本は基本的に秘湯の会員宿でしか手に入りません!!(1冊税込850円也)
普通の書店では入手不可能なガイドブックであります。

DSC00700.jpg


画像の本は3年前に改訂版が発刊され、それからは新刊はでてませんでしたが、今年の4月に
最新刊が発刊されるような噂も…

秘湯めぐりをされている方は一人1冊、もしくは夫婦で1冊は持っている本です。
会員宿の所在地もそうですが、地図、宿泊料金、部屋数、営業期間(山奥すぎて冬期休業している宿もあるため)。
そのほかには各温泉旅館の泉質、温泉の湧出量、源泉温度、浴槽数なども明記されています。
秘湯の温泉を歩くには欠かせない理由がここにあると思います。

行ってみたい旅館を選ぶも良し。泉質で選ぶも良し。景観が良いところで選んでも良し。です。
このガイドブックでは全国に連なる会員宿全て紹介しています。現在は全国に183件(たしか(汗))あります。
ちなみに秋田県は10件の会員旅館があります。

そうです。秋田の秘湯の宿に全部行けば、秘湯のスタンプ帳に10個スタンプ溜まるのです。
そしてまた行きたい所に今度はタダで泊まれます。これってすごいですよね。
全国に1都道府県内で10か所以上秘湯の会員に属する温泉旅館があるところって非常に少ない
んですよ!!

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉さん、泥湯温泉 奥山旅館さん、
秋の宮温泉 鷹の湯温泉さん、大館市の日景温泉さん等、
有名どころな温泉地も含まれています。

確かに秘湯の会員旅館の半分近くが東北に偏っているとはいえ、これほど魅力的な
温泉旅館が多くあることは異常でさえあります。
確かに県面積が広いのもありますが、それだけ良い温泉、自然がより多く残っている
証拠でもあると思っています。

話しがちょっとそれますが、
「秋田県はホントになにもないんです。基幹産業も農業が主体の県ということもあり、
観光産業や地域開発については他県には1歩も2歩も遅れているんです。」
という話しをよくお客さんにしています。
でも他県や都会部から来るお客さん達の中には
「だからこそ秋田県がいいんだ。人の手の加えられてない自然が
多く残ってるじゃないか。日本の原風景がたくさん残っているのが一番の財産だ。」

と言っていただけることもあります。
このように言ってもらえると大変嬉しいですね。
もちろん秋田県のみならず、全国自然の豊なところは
まだまだありますけどね。


と言うことで他に10件以上秘湯の会員宿がある件は他には山形県、福島県、長野県等があります。
この県も通じて自然が多い地域でもあり、温泉地が多い県でもあります。
国の国定公園に指定されている地域で温泉旅館を営んでいる会員宿も結構あります。

秋田県は温泉宿泊施設の多さは全国で6~8番目くらいに多いそうです。(5年位前の話しですが)
長野県、福島県は毎年トップ5以内入っています。(秋田もうちょっと頑張れ!!)

前回でも題材にした秘湯の会ですが、前回を読んで下さった方ならお分かりかと
思いますが、この秘湯の会とは基本的に「山の宿」が中心的に集まって
組織されております。

高い所だと標高2000m以上の高山にある旅館もあります。
長野県の高峰温泉とか当にそうですね。高峰温泉さんは夏場クーラーいらないそうです。
むしろ夜は寒い日もあるとか。(通年営業されています)

温泉旅館のその99%が山の宿となっているにも関わらず、当、強首温泉 樅峰苑は
標高17メートルの平地にあったり。残りの1%に入っている、いわば秘湯の中でも
異色の宿です。(汗)0が1つ2つ足りてないよ…

ちなみに長野県、群馬県、岐阜県あたりを境に西側に行けば行くほど
(九州は多いですが)温泉地は少なくなります。
というより温泉自体が少ないのです。

また温泉が湧出しても冷鉱泉と言って温度が25℃未満の温泉が多くなり、湧出量も少なく
なります。そうなると適温に保つために加温や加水される温泉が増えるのです。
また、首都圏にも温泉がありますが、温泉も地下約1000mから2000mの深さを人工的に掘って
いるところが殆んどです。それを加水、加温、ろ過、循環、塩素消毒とフル装備の温泉は
はたして天然温泉と言えるのでしょうか…

堂々と天然温泉とか言ってるところもありますがね。
悪質な場合は「源泉かけ流し」の定義が法律上は使えないにしても言葉巧みに「天然かけ流し」
とか誤魔化しているところもあります。
「天然温泉100%使用」とかもよく見かけます。確かに100%使っているのでしょう。
しかし温泉100%に対して水道水を800%くらい足して使ってますとか正直に言えよ!!
って言いたくなります。
全く何をもってして天然なのか…(もしかして頭か?)
まあ浴槽に温泉水が1滴でも入っていればそれは温泉として認められますからね。
(この時点で現在の法律上は源泉利用とか天然温泉使用とか言える訳です)
なので嘘ではないんですよ。はがゆい所ですが………

それが悪いとは申しませんが、行政の指示、法律に(温泉法)
準拠して温泉を提供しているとしても味付けしすぎな所は否めません。
しかし、温泉の鮮度や質はとにかく、行政の指示通りに温泉を
提供している施設であれば、むしろとても立派だと思います。
あとはそれを「入浴者がちゃんと理解してどのように入浴するか」です。


そして嘆かわしいことにそんな温泉が
外国の人が言う「ONSEN」のイメージになりつつあるということです。

そしてなにより温泉の鮮度については言うに及ばず。目で見ても分からないことなので
あまり実感はありませんが、温泉も生ものです。生きています。

ついでですが、塩素の独特の鼻を突く臭いの原因は、塩素が有機物(不純物)と反応した時に発する臭いです。
ですので新鮮な温泉に塩素を投入した場合は基本的にプールのような臭いは発しないのです。
まあ、新鮮な温泉に塩素など入れる必要はないですけどね。

そして最近は塩素が発がん性物質を含んでいるという話。聞いたことがある方もいると思います。
正確には塩素が有機物と反応して出るガス(臭いの素)に発がん性物質があると言われております。

プール臭がプンプンの所は注意が必要です。入浴した心地よさはあるかもしれませんが、
体には決して良くはありません。
塩素消毒をされている浴槽の場合は必ずシャワーを上がり湯として体を仕上げて下さい。

しかし、塩素が害を有するといっても濃度にもよります。
なにも扱いをキチンとすれば立派に役割を果たします。因みに塩素のカテゴリは「食品添加物」なんです。
塩素は消毒としてならアルコール以上に秀逸な効果を発揮します。
特に冬場は気を付けたい「ノロウィルス」。ノロは塩素で死滅します。
ノロはアルコールでは死滅しません。熱湯消毒以外では塩素消毒くらいです。
塩素塩素言ってますが、正確には「次亜塩素酸ナトリウム」です。
身近な所だとキッチンハイターとかありますよね。他には衣類用洗剤でも入って
いるものがあります。塩素入り衣類用洗剤は家庭ではあまり使用しませんが、(色落ちするため)
厨房で着る白衣などは塩素系洗剤を使用することはあります。


今更ですが、秘湯の本の話からなぜか塩素の話になってしまいましたね…
やはりじえモンの文章能力が低くさが最大の要因か。
どうしていつもこうなる!?何故だっ!!
やはり下書きが必要なのか…

今回も画像も少なく延々と文字ばかりでした。いつも詰まらないと思いつつ
画像を撮るのはあまりしていない…データをPCに移すのがネック。

また気ままに更新致します。できたら画像成分を多めで(笑)

今回は途中で温泉の供給の仕方について若干の批判が含まれていましたが、
なにに対しての批判かというと、源泉の湧出量が浴槽数及び浴槽堆積に対して十分か。
加水、加温、循環、ろ過は場合に因って必要な措置でもあるが、
源泉かけ流しに比べるとという意味での質、鮮度の2点についてです。
細かく説明するとアレなので割愛しました。

自然の恩恵でもある温泉をそのままで身を以てして味わうことのできる
温泉こそ最高級の温泉であると思います。

ちなみに水道の蛇口を最大にひねった状態が毎分20ℓくらいの量です。(あっ、また…)

埒があかないので今回はこれまでにします。
次回は来週以降になりそうですが、必ず更新致します。
それではごきげんよう(^.^)/~~~


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。