強首温泉日記 樅峰苑の日々
強首温泉 樅峰苑での出来事などを発信していきます

FC2カウンター



プロフィール

じえモン

Author:じえモン
じえモンです
皆様どうぞよろしく
お願いします



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朗報!! 日本秘湯守る会発足40周年記念イベント!!

kaiinnsyo.jpg


今回は画像を一番最初に持ってきました(笑)

さて、今回は㈱朝日旅行内にある「日本秘湯を守る会」という全国の温泉旅館を集めた会が存在します。
この日本秘湯を守る会は昭和50年4月、「秘湯」という造語を生み出した、㈱朝日旅行の前身である㈱朝日旅行会の創業者であった故岩木一二三氏の提唱により、バスも通わぬ交通の不便な小さな山の温泉宿33軒が集まり創立されました。
大阪万博をきっかけとし日本中に旅行ブームが持ち上がり、温泉地や観光地の宿泊施設はホテルと名を変え、鉄筋コンクリートの大型化を競い合った、高度経済成長の真っ盛りのなかで、旅行業界の目覚しい発展が始まった時代でした。このような時代背景のなか、「今の状況は、本来の旅の姿ではない。人間性を置き忘れている。旅の本質を見失っている。何時の日か人間性の回復を求め、郷愁の念に駆られ山の小さな温泉宿に心の故郷を求め、本当の旅人が戻ってくる。旅らしい旅が求められる時代が来る。」、「日本の温泉のよさを保ち、環境保全に努める経営理念を相互に啓発・啓蒙する温泉旅館を集めて共同宣伝、相互誘客を図る組織の結成を」との岩木氏の提唱は、収容力が少なく、交通も不便でいかにも効率が悪く、旅行業者も見放すほどの小さな温泉宿、近代化の波に乗れない山の宿にとっては一筋の光明だったのです。
2年後の昭和52年に会員は38軒に増え、個々には作成できなかったパンフレットとして、岩木氏が取材執筆した紀行文を収録した冊子、「日本の秘湯」が刊行されました。共同宣伝、相互誘客の一助としての冊子発刊でしたが、ほぼ2年毎に改訂版を発刊することとなり、現在185軒を収録した第16版を発刊するに至りました。
昨今、温泉は社会の大きな関心事ともなり、温泉ブームと云われるようになりました。このような背景の中で、温泉に関する膨大な情報誌が発行され、情報が氾濫しており、あたかも源泉かけ流しでなければ温泉ではない、と認識される方が見受けられますが、日本秘湯を守る会は、源泉かけ流しであることを加入条件にしている会ではありません。冷鉱泉の宿もあれば、湯量も豊富とは云えず循環浴槽の宿も会員になっています。先に述べたように時代の流れから取り残された感のあった山の宿で、温泉のよさを守り、自然環境の保持、保全に努める前向きな取り組みをする者、共同での宣伝、相互誘客に賛同した宿の集まりとして発足したのです。
日本秘湯を守る会は、地球の恵みであり、限りある地下資源である温泉に感謝することを忘れることなく、その利用と管理に充分な配慮をし、枯渇させることなく守り続けるために自然環境の保持・保全に真摯に取り組んで行く宿の集団であります。
高度経済成長時代、どこかに置き忘れてきた人間性が、いつか求められるときが来る。日本の原風景とう云うべき故郷を、自然風景を渇望する時が来ると信じ、流行と云う上面に流されることなく、忘れてはならないもの、変えてはならないものは何かを問い、求めてきました。いろいろな思いを胸に旅に出る人々の心根に思いをはせ、旅人を迎える宿と人がどうあるべきか、宿を取り巻く自然環境、温泉環境がどうあるべきかを問い続け、”旅人の心に添う 秘湯は人なり”は日本秘湯を守る会の永遠の理念であり、使命として認識し、多くの旅人に支持され、愛される宿の集まりでありたいと願っております。(日本秘湯を守る会公式HPより抜粋)

という会です。


最初から長い説明になってしまいましたが、このような理念を掲げている会も沢山の方々のご支援やお陰様もあり、
発足40周年を迎えることが出来ました。

そこでっ!
秘湯めぐりをして頂いている旅人もこれから秘湯めぐりをしたいと思っている人へ、日ごろからの感謝をこめて、
日本秘湯を守る会で発行している秘湯スタンプ帳にあらかじめ1個スタンプが既に押印されているスタンプ帳を発行
致します!!

ただし、秘湯サイトからの40周年を企画した宿泊プランか、朝日旅行の宿泊クーポン券のみが対象となります。
お間違いのないよう、お願い申し上げます。

そしてっ!
そもそも秘湯のスタンプ帳ってなんだ?
そんなあなたっ!まずはこちらをご覧下さい→http://www.hitou.or.jp/hitou/stamp.html

そうです。秘湯の会員宿に宿泊してスタンプを10個集めると、その中からもう一度泊まりに行きたいと思える
温泉旅館に無料で1泊できる「無料宿泊券」が贈呈されます!これはどなたでも10個スタンプを集めれば必ず
もらえます。抽選なんかはしません。必ずです。しかも1泊2食付きでご宿泊いただけます。

ただし、有効期限があるので期限内という約束はありますけどね。後は要注意ですが、他社インターネットサイトから
予約した場合はスタンプは押印できません。それらでの予約は押印対象外です。押印対象となる予約の仕方は、

①会員宿に直接電話をして予約を申し込む。(またはFAXやメール)
②会員宿の公式ホームページにある予約システムで予約を申し込む。(宿によっては押印対象外の宿泊プランがあるので注意)
③日本秘湯を守る会公式ウェブサイトから予約を申し込む。
④㈱朝日旅行(旅行代理店)からの宿泊クーポン券を発行した場合の予約。
です。この中の予約方法なら押印してもらえます。

実際に宿に着いたら受付や係の人にスタンプ帳を渡して下さい。(チェックイン時が一番望ましい)
持っていない場合は「新しく発行して下さい」と言えばよいです。
そして有効期間はスタンプを押印した日から3年間有効です。

これでもう皆さんは秘湯の仕組みが解ったようなモンです!
ちなみにこの秘湯のスタンプ帳を持っているだけで「日本秘湯を守る会会員」の証になります。

現在は全国に70万人以上の人が持っているとされています。(実際はもっといるとも)
毎年朝日旅行さんでちゃんと集計されています。

さぁ、秘湯の旅館に行ってみよう!!
行くなら是非強首温泉 樅峰苑へ(笑)


以前はスランプ気味でしたが、最近はやる気あり。(今のところ)
今後も更新頑張りますので宜しくお願い申し上げます。



スポンサーサイト

今年も大人気のハタハタ料理(3月末まで)

じえモンです。お久しぶりというには少し早いですが、今回は結構(自分なりに)早くの更新です。
やはり冬期期間はオンシーズンに比べて幾分か時間が取れるようになりなっております。
その時間を最大限有効利用するため、ブログの更新を頑張って参りたいと思っております。
…ただし雪が積もらなければね(笑)

1月も下旬に差し掛かり、降雪もあと1月と僅かっ!!と思ってますが、今年はどうなるやら…
昨年は5月まで寝雪が残ってましたからね。寒かったこともありますが、やはり雪が多い。
さて、そこでなぜ最近雪が多いかと言われているのは昨今からすでに認知されてきている「地球温暖化」
が原因だそうでございます。

えぇっ!?地球が暖かくなれば気温も上昇して冬でも雪が降らずに雨が降るんじゃないの?
と考えがちですが、温暖化が進めば進むほど寒くなり、また降雪量も増えるだろうと言われています。

何故か!!

地球温暖化によってやはり地球上の温度は上がっています。南極大陸の氷も溶けてます。
それは四季を通じて言えることだそうですが、海面温度が上昇することに因って海の海水がより
蒸発するのだそうです。従って水蒸気になった水分はより大きく、多く雲を作ってしまいます。
これが原因で降雪量(季節によっては雨)が増えてきてるんだそうです!!
ホントいいことなんてないですね。日本の冬の気圧配置は西高東低(中学校で習った!)で
主に東北地方はただでさえ寒いし雪が多いのに…

半分雑学、半分愚痴、半分ネタ(ん?1個半分多いなっ!!)はこれくらいにして
タイトル通り本題に入りましょう。

じつは12月から既に開始しておりました、当館冬期限定宿泊プラン「ハタハタ料理プラン」
があります。後夕食時により多くハタハタ料理をご用意する、秋田県の県魚をたくさん
お召し上がり頂けるプランです。

ちなみにハタハタとは漢字で鰰と書きます。魚に神様の神とかいてハタハタと読みます。
もしくは鱩…魚に雷と書いてハタハタと読む時もあります。

実はハタハタの伝説があります。(まゆつばです。おぼろげです。そしてまた逸れます)

昔々、佐竹公がまだ水戸(茨城県ひたちなか市らへん)におった頃、大きな戦いがありました。
有名な、誰でも知っている関ヶ原の戦いです。東軍と西軍に分かれて戦ったやつ。
その戦に佐竹公も参加したそうですが、惜しくも敗れてしまし、秋田に移封されてしまった際に
ハタハタ「も」佐竹公を慕って移動したという伝説が…ホントか?

ただ、ハタハタは日本海側で獲れる魚なので、実際には北海道や新潟県、富山県等でも実は漁が
行われています。スーパーに行けばハタハタの産地が県外産のもなど秋田県民からしてみれば
差して不思議なことではないのです。
そしてメスのハタハタはその殆んどが秋田県に出荷されるそうです!!
県外の人はハタハタの「メス」は食べたことのない人が多いですが、理由はこういうことです。
そして男鹿で獲れたハタハタよりも県外産のハタハタの方が安いです(@_@;)
味はやはり男鹿産には劣りますがね。

また、ハタハタは海の魚で唯一鱗のない魚としても有名です。
そして普通の魚卵とは全く異なる、独特の食感をもっています。
ハタハタの卵を「ぶりこ」と方言で言いますが、口に含むとブリブリ音が鳴るので
ぶりこと言われるようになったとか。

深海魚のような顔をしているのでたまに気持ち悪がられる時もしばしばありますが、
淡白な魚でおいすぃぃぃ~んですよ!

ではこれ以上引っ張るとアレなので実際の料理の画像を載せたいと思います。








RIMG0375.jpg

先ずは焼き物でご用意しているハタハタの糀(こうじ)漬けです。メスです。
一度糀で漬けてから焼き上げています。
秋田市、男鹿市などは生の状態で塩焼きをして食べることも多いですが、本当は
塩焼きの方が鮮度も高い状態で食べられる食べ方です。
しかし、車などがないような時代には内陸地方は海の魚は生の状態では決して
手に入らなかった食材です。
ですので一度糀で漬けてから(保存がある程度効く状態で)持ち帰って食べられていたそうです。
また、強首ではハタハタは縁起の良い魚としも親しまれていることもあり、正月にも食卓に
並ぶほどの料理でもあります。
そのことも踏まえ、敢えて海の魚の鰰をご用意しております。
では次です。






RIMG0371.jpg

ハタハタの唐揚げです。オスです。
一匹まるごと唐揚げにしています。
骨もあまり硬くないのでまるごとイケます。
もともと身は薄い魚なので食べやすいです。
次、行きます。




RIMG0379.jpg

(ちょっとテカリ具合が…)
こちらは酢の物のハタハタ鮨(すし)です。
頭を落とし、内臓を抜きます。そして血抜き、塩漬け、酢漬けを経て鮨を仕込んでいきます。
2週間から4週間かかります。
手間の割には報われない料理に思われがちですが、非常に長持ちします。
やはり、保存に長けている料理だと実感できる料理です。
中には大根、人参、ふのりなどを加えます。

次はしょっつる貝焼きです。が、これだけ写真撮るの忘れてしまいました。(またやっちった;;)
簡単に説明するとハタハタ鍋を貝焼きにしたものです。
想像して下さい。ほら、おいしそうでしょう?(ごめんなさい)

かなり長くなりましたが、以上4品を通常料理から替えてご用意しております。
しかも料理内容を変えたこのハタハタプランでもご宿泊料金は通常の価格で
ご奉仕しております!
詳しくはこちらをチェック!http://www.syohoen.net/

また日帰り温泉後のご昼食でもご用意しております。(ハタハタ料理は要予約ね)



本日はここまでっ!
ご感想、ご要望等随時承っております。
ではまた次回不定期更新致します。
ばいちゃ☆




豪雪にも負けない庄屋屋敷

皆様、お久しぶりです。じえモンです。
1月の3連休も終わり、今週は大分落ち着きを見せてはおりましたが、降雪量が半端ではありません!!
常に除雪除雪除雪…秋田県内はどこもかしこも大雪です。お陰で飛行機や新幹線は遅延運休は当たり前。
高速も一部通行止め。一般道は除雪が間に合わず幅が異常に狭い。我が家に関わらず、殆んどの人が
屋根の雪おろし作業に追われていました。

ようやく雪かきも一段落しつつありますが、肩や腰、腕がパンパンです。いつでも温泉に入れる分、
他の人よりはマシかもしれませんが(笑)

大仙市も大雪ですが、横手市、湯沢市はもっと過酷な状況のようです。今年は去年よりも多いのではと
囁かれています。


さて、最近のじえモンですが、1月14日に秋田県旅館ホテル生活衛生同業組合青年部に入部致しました!
長たらしい名前の組合ですが、通称「旅館組合」ですね。そこの青年部です。

前々から青年部のお誘いがあって、この度正式に入部させていただき、研修もかねて会議に参加しました。
いや、いくつになっても自己紹介とは緊張するものですね。青年部と言っても私のような20代の人間
なんていやしません。皆さんそれなりに成熟されている方々ばかりです。

「青年部」なので年齢制限はありますが、まず20代なんてじえモン一人です。私が入ったことで変化
があるとすれば、部員が増えて平均年齢が下がったくらいです(~_~;)
でも諸先輩方を見習ってこれからも勉強させていただきます!!



ようやく本題に入りますが、今回は雪を纏った樅峰苑をご紹介致します。
画像もいくつか載せますよ♪
先ずはこちら↓↓↓


外観 夜 雪

正面玄関です。
入母屋造りで千鳥破風、唐破風といった重厚な佇まいを醸し出している玄関です。それに雪が加わると
なんとも厳かな雰囲気があります。97年もの間、このように風雪に耐え忍んできたと思うと万感の思いですね。
そして相変わらず画像大きいです。スイマセン…あしからず。。。




外観 雪


別アングルから。
夜と昼では全く雰囲気が違います。夜の方がより重厚さが感じられます。そして特に冬の時期が
雰囲気が出ます。




冬 外


降雪後の写真です。
綺麗です。ただし、その分雪が積もってますので除雪中です。夜10時回ってます。
起きたら雪かき。寝るまで雪かき。



雪見大樹RIMG2246

お次は露天風呂です。湯気が立ち込めていて画質は良くありませんが、冬ならではのモクモク感があって
個人的には好きです。
朝、清掃前の写真です。毎日朝にお湯を抜いて掃除しています。





雪見こもれびRIMG3156

もう一つの露天風呂です。丸型と四角型の2種あります。
露天風呂は宿泊客専用の時間予約制の貸切風呂として利用いただいております。
泉質は同じ源泉ですので変わりません。

今回はこの5点です。また良さそうなのがあれば写真撮って載せたいと思います。
また次回不定期更新していきます。かれかもどーぞ宜しくです。
リクエストも受付してますので気軽にコメントして下さい。




源泉かけ流しの温泉でぽっかぽか

新年を迎え平成も26年に成りました。
1月に入ってからはより一層寒さが厳しくなったような気がします。
事実、最高気温ですら氷点下の日もしばしば…

そして大人の正月休みはもう終わっていましましたね。
いや、私は休みはありませんが、世間が休みの時こそ我々の仕事が忙しくなるものなので
あと1週間くらい祝日が続いてくれた方が旅館的にはいいんですけどね。(@_@;)


さて、阿呆なことはこのくらいにしますが、今回も文章だけでつまらないかもしれませんが
一日の午前の仕事を少しご紹介。


私にとって一日の始まりは先ず天気予報を見てから。
その日の天気、気温に因って浴槽の温度が変わりますので、寒ければ浴槽のに注ぐ湯量を増やし、
気温が上がれば湯量を減らす。そんな影の作業をしております。
基本的には浴槽温度は42℃を目標に調整しておりますが、バルブの開け閉めを
実際に湯口から出る湯量で判断して調整しています。(難しいですよ)
その後に温度計で温度を計ってぬるければ増やし、熱ければ減らしを続けます。
一日一日気温も天気も変わるので、今日が良くても明日は明日の風が吹くという奴です。(ちょっと違う?)

ということで少なからず影の努力をしておりますので、是非皆さん温泉に入りに来て下さい(笑)
年中無休、日帰り温泉やってます。


今回はなぜこのような記事になったかたというと最近全然温度調整がうまくいかなかったのです。
少し鬱憤が溜まっておりました。
今はそれなりに調整がうまくいってるんですけどね。


本来ならこんなにちょこまかとやらなくて良いのですが、色々と理由が・・・
難しい話しになるので割愛します。説明は今度するよ(・。・;

今回は簡単な愚痴と営業もちょこっと入れた今年2回目の更新(^_^)/
怠けず今年もブログを定期的に(出来れば)更新しますので暇つぶしに
ご覧頂ければ幸いです。

ではまたお会いしましょう!

新年明けましておめでとうございます!!

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。
まだまだ至らぬ未熟者ですが、温かく見守って頂ければ幸甚でございます。



さて、前回更新から約2カ月ほども間が空いておりましたが、ちゃんと生きております(笑)
まずは生存報告をした方が良いかと思いました。それほど放置してしまった自分が
悪いのですが、実はかなり重度のスランプでした。スミマセン(;_;)

JR東日本のディストネーションキャンペーンも昨年度末に無事終了致しました。
お陰で忙しい日々を過ごさせていただきましたが、私の休みは一体どこへ?

どう忙しいのか。本当にこいつは忙しいのか?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
ですので今回は今更ながら私の日常的に行っている業務の種類を端的にお教え致します。

先ずは、温泉宿泊施設の規模に因ってはちゃんと各自が担当する業務を基本的には
従事するだけでも良い所もありますが、私どものような小さい旅館は各自が臨機応変に
小回りを利かせなければなりません。
私の基本業務は事務作業、インターネット販売管理、電話応対、各清掃作業(風呂や客室等)、
風呂の温度管理、料理、接客サービスと非常に内容が濃ゆいのですが、
旅館の息子なんてどこもこんなものです。(多分)

最近は日曜大工的な外野作業や水回りもやっています。クラ〇アンが来なくても自分で直せます(笑)
お陰で工具がかなり充実してきています。
大きい物だとチェーンソー、インパクトドライバ、高圧洗浄機etc…
があれば大抵の外野作業は楽に出来ます。
館内ではモンキーレンチとインパクトドライバがあればまず解体して、損傷していて部品があれば
交換します。部品が取り寄せしなければならない物などは無理ですが…

本当はそういう作業風景もブログ用の写真を取れれば良かったんですが、時間的余裕が
あまりないのでいつも撮影を怠ってしまいます(・。・;

余談ですが、最近はホームセンターに行くのがむちゃくちゃ楽しいです。
ホームセンターのおじさんとも良く相談に乗ってもらったり使い方を教わりながら
やっております。
しかし、それにかまけて明日ブログ更新すりゃいいやと思いつつ2ヶ月が経ってしまった…

今回は新年の御挨拶だけになりますが、また近いうちにやる気を出して更新したいと思います。

それでは今回はこれにて。

今年も皆様の幸多き年でありますよう、お祈り申し上げます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。